保管する時の注意

サプリメントは薬ではありません。
しかし体内に直接入って作用するものなので、服用するには当然決まりがあります。
 

基本的な飲み方としては、常温のミネラルウォーターで服用すること、
一度に多量飲まない様にすること、出来るだけ長期間続けること、
が挙げられますが、これは全て飲む人に対しての事ですよね。
 

それでは「サプリメント自身」にはどのような決まりごとがあるかご存知でしょうか?
 

まず、サプリメントの取り扱いは薬とほぼ変わらないものと考えて構いません。
保管は密封して冷暗所にすること。最近の物であれば袋にチャックが付いている物が
ほとんどですので、空気が入らない様にきっちりと閉めておきましょう。
 

また、漢方系のサプリメントで匂いの強いものであれば他の物に匂いが移ってしまう
可能性もあるので、市販のチャック付きビニール袋などを利用するようにしましょう。
 

大抵のサプリメント商品は一カ月分ずつ販売されています。もちろん毎日飲めば
一カ月で飲みきると思いますが、場合によっては残ってしまう事があるかもしれません。
 

ですが、開封したら消費期限に関わらず出来るだけ三カ月以内に飲みきってください。
開封して外気に一度でも触れれば劣化は始ります。
 

劣化をしてしまったサプリメントを服用すると、成分が変わってしまい、
アレルギー反応が出てしまう危険があるので、注意が必要です。
 

飲み合わせや体質を気にして服用する事は一番に大切なことですが、
サプリメントも変質をします。
 

そのせいで副作用が起きてしまったらそれは自分の責任ですので、
その様な事が無い様に管理をしっかりと行って正しく服用しましょう。